観光研修で吹屋に行きました!

両備タクシーでは、平成28年3月16日に吹屋を勉強するために観光研修を開催しました。
今回の参加者は、観光担当乗務社員3名が参加しました。
IMG_1229
営業所を9:30に出発し、岡山IC~賀陽IC経由で吹屋へ向かって、約2時間で吹屋に到着し、まずは「ラフォーレ吹屋」で昼食をとりました。
IMG_1230
食事の後、現地ガイドの方と合流して、吹屋ふるさと村一帯を案内していただきました。
IMG_1231 最初は、銅山とローハ(ベンガラの原料)製造を営み巨大な富を築いた広兼邸(かつて映画・八つ墓村のロケが2度行われた)を訪れました、参加者一同想像以上の豪邸に驚いていました。
IMG_1232 IMG_1233
IMG_1234
次に、吉岡銅山の笹畝坑道を訪れました。ここは、ところどころ当時の岩がむき出しの坑道が残っており、ヘルメットを着用して見学をしました。

IMG_1235 IMG_1236 IMG_1237 IMG_1238
IMG_1239
3番目に、ベンガラ館(ベンガラの製造工場)を訪れベンガラが出来るまでの一連の行程を見学しました。ベンガラは『弁柄』と書き、もともとは銅山の捨石である磁硫鉄鉱(硫化鉄鉱)から偶然発見されたものだという事です。そして、吹屋のベンガラは、品質も良く、久谷焼や有田焼の赤い色は、吹屋のベンガラが使われているということです。

IMG_1240 IMG_1241
4番目に、石州瓦が鮮やかな吹屋の町並み(資料館や旧片山家住宅など)を見学しました。ここは、かつて石見銀山などの鉱山のつながりで、石州の宮大工が吹屋に来て建築に携わったために石州瓦が使われたそうです。
IMG_1242 IMG_1243 IMG_1244
最後に、広兼邸に並ぶもしくはそれ以上と言われている西江邸を訪れ、西江邸の奥様に案内していただき、今も残る蔵や御宅の中を拝見しました。
IMG_1245 IMG_1247 IMG_1246
IMG_1248
今回の研修は、特に現地を訪れて初めて分かること、その土地の良さを実感することが出来ました。
参加した3名もぜひお客様をお連れしたいと感想を述べていましたので、今後の活躍を期待しています。