タクシー新任乗務員研修に行きました!~両備教育センター~1日目午前編

2016年12月19日

本日は両備教育センターで行われているタクシー新任乗務員研修の1日目にオブザーバーとして参加させていただきました!

9:00~オリエンテーション(施設の説明と受講の心得)

9:30~入所式(両備タクシーグループ長の講話)

10:00~視機能診断テスト&解説

↓視機能診断テストの様子がこちら↓

危険予測体験の様子

路上駐車している車のドアが突然開いたり、子供が飛び出して来たり、約3分の間に危険がたくさん(汗)

「かも知れない運転」が重要です。

そして、危険予測体験テストの結果がこちら↓

危険運転予測体験テスト結果

1番目の「注意」は、出発して間もなく、左から合流するトラックを避ける際、反対車線の車とあと60cmですれ違いましたよ。という警告です。

普段から岡山の街を運転していても、普通によくあるようなことばかりだったので、とても勉強になりました。

そして、次は「動体認知診断」。動く8角形を目で追いながら、全ての線が繋がったらボタンを押します。

その動体認知診断結果がこちら↓

間違うと焦ってしまい、また間違ってしまう、という自分の傾向がわかります。間違っても焦らず、冷静に・・・冷静に。

動体認知診断結果

11:00~は、両備グループの健康経営&かも知れない運転の神髄(VTR)

両備では、安全・安心なサービスを提供するため、健康管理を徹底しています。そのため、健康管理に対する理解や意識をここで高め、ベクトルを合わせます。

かも知れない運転の神髄VTRでは、

直進は、前方をできるだけ遠くに視点を合わせること、カーブはカーブの内側へ視点を持っていくことが安全運転のコツとのことでした。

「人が乗っていない停止状態の車は感情の無い機械だが、人が乗ったとたん感情を持つ。」この言葉が印象的でした。

車自体は安全な乗り物です。ただ、車を操縦する人によって、危険な乗り物にも安全な乗り物にもなります。

タクシーの乗務担当社員としての心構えを学びました。

気がつけばもう12時。(;^_^A あっという間の3時間でした。受講者の皆さんと昼食を取り、午後からはタクシーの営業実務を学びます!

 

一覧へ戻る

ブログカレンダー

<先月 201711 翌月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930