(4)瀬戸内に臨む潮待ちの街・児島

コース概要 倉敷美観地区~鷲羽山~由加神社~児島学生服資料館
所要時間 6時間程度
コース内容
岡山駅・岡山市中心部または倉敷駅・倉敷市中心部発
倉敷美観地区 ooharake
江戸時代から幕府直轄地である「天領」として栄えた倉敷には高瀬舟を使った水運によって備中地方の特産物が集まり、その中心である倉敷川畔には豊かな商人の町家や白壁の土蔵が立ち並びました。当時荷車が往来した石畳の路地も白壁の土蔵と相まって懐かしい風景を今に伝えます。和と洋、古さと新しさが融合した独自の落ち着いた雰囲気は倉敷ならでは。
鷲羽山 wasyuu
児島半島の西南端に,鷲が羽を広げたように瀬戸内海に突出した花崗岩質の台地で,備讃瀬戸に点在する島嶼の展望にすぐれ,瀬戸内海国立公園の代表的な景観として賞讃されています。
由加神社  yugasan
天平5年(733年)行基によりこの地に十一面観音が祀られ、神社仏閣が一体となった瑜伽大権現(由加大権現)と呼ばれる神仏習合の山に。参道には多くの土産物店等が軒を連ね門前町を形成し、初詣などの時期には多くの参拝者で賑わいます。門前町で売られている「あんころ餅」は名物。
児島学生服資料館  gakuseifuku
全国一の学生服の産地、倉敷市児島地区にオープン。学生服メーカー・日本被服の本社敷地内にあり、木造2階延べ約260平方メートル。資料館の1階には昭和初期から現代までの各時代の学生服、販売促進用看板のほか写真などを展示、児島地区の他社の製品、資料なども含め、約200点を展示し、学生服の移り変わりや産業の歩みを紹介する。2階には学生服を試着し、記念撮影が楽しめるコーナーもあります。
岡山駅・岡山市中心部または倉敷駅・倉敷市中心部着
観光タクシー運賃
車種 小型タクシー ハイヤー ジャンボタクシー
お客様3名様まで推奨 お客様3名様まで推奨 お客様最大9名様まで
車両の詳細はコチラ 車両の詳細はコチラ 車両の詳細はコチラ
料金 31,560円 43,200円 48,960円

上記はタクシー運賃のみを記載しております。
入場料、駐車料金・有料道路料金などは含まれておりません(実費をご負担いただきます)。